【リンク集】Google Search Console関連

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
robots.txt テスターで robots.txt をテストする - Search Console ヘルプ
robots.txt テスターで robots.txt をテストする - Search Console ヘルプ
robots.txtテスターツールを使用すると、robots.txtファイルでサイト内の特定のURLに対してGoogleのウェブクローラがブロックされているかど
WordPress、公開前に検索エンジンがインデックスしないようにする正しい方法 | iSchool合同会社
WordPress、公開前に検索エンジンがインデックスしないようにする正しい方法 | iSchool合同会社
このエントリーでは、WordPressで公開前に検索エンジンがインデックスしないようにする正しい方法をお伝えします。WordPressの公開前に「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れている方をよく見ますが、絶
noindexでインデックス登録を拒否する方法 | HTMLタグとディスクリプション | テクニカルSEO BLOG
noindexでインデックス登録を拒否する方法 | HTMLタグとディスクリプション
robotsmetaタグでnoindexを設定すると、検索結果にページを表示しないようにできます。noindexを推奨する5パターンと、noindexの書き方やWordPressの設定、noindexが効かないときの対処について分かりやすく解説します。
「クロール済み – インデックス未登録」の原因と対策を詳しく解説 | 株式会社クリエル
「クロール済み – インデックス未登録」の原因と対策を詳しく解説
株式会社クリエル
「検出 - インデックス未登録」・・・クロールされていない 「クロール済み - インデックス未登録」・・・クロールされた 「クロールされました」とあるように、ページのコンテンツをGoogleが認識している状態。現時点でインデックス登録されていなくても、今後登録される可能性があるとしています。 新規で立ち上げたWebサイトではインデックス登録されるまでに時間がかかる傾向もあり、必ずしも新規ページがすぐにインデックス登録されないことが問題とは言えないのです。 サイト内のコンテンツ重複を解消する 対象ページの他に、内容が近いコンテンツが別ページにもある可能性が考えられます。 時間をおいて様子見する 実際にはインデックス登録されていても、「クロール済み - インデックス未登録」となるケースがあります。 Googleサーチコンソールのステータスが誤りで、「URL検査」で調べるとインデックスされている場合、実際には正しくインデックスされていると考えて良いでしょう。最新の状態を確認できるURL検査の方が信憑性は高いもの。 このような場合は少し時間をおいて様子見しましょう。
「検出 - インデックス未登録」とはどのような状態?解決方法を解説
「検出 - インデックス未登録」とはどのような状態?解決方法を解説
Googleサーチコンソールを見ていると、「検出-インデックス未登録」という言葉が出てくるのを見たことがあるのではないでしょうか。
「検出 - インデックス未登録」・・・クロールされていない 「クロール済み - インデックス未登録」・・・クロールされた 検出 – インデックス未登録とは、GoogleがコンテンツのURLを認識はしているものの、中身を確認されていない(クロールされていない)状態のことです。 検出 – インデックス未登録は、GoogleにURLは発見されているものの、クロールには至っていない状態です。コンテンツの品質が低い場合や、重要なページだと認識されていない場合に発生するケースが多く見られます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました